白髪染めの種類

白髪染めには分類があります。
髪の毛は伸びるものなので、定期的に染めないとまだらになってしまいますが、白髪染めの種類によっては何度も染めなければならないタイプもあります。

ヘアカラー
2ヶ月くらいはもちますが、髪が伸びてくると部分染めで染め直さなければなりません。
多くは化学成分が配合されていて、髪へのダメージが心配です。
パッチテストもしたほうがよいでしょう。

ヘアマニキュア
ヘアカラーに比べると持ちがよくありません。
シャンプーをするたびに、すこしずつ色が落ちていきます。
1ヶ月程度で染め直しが必要になります。

一時染め
一時染毛剤で、その日限り。
シャンプーで簡単に落とせます。

一般的にはこのような分類になります。
サスティ利尻へアカラートリートメントならヘアカラーでありながら、自然成分で作られており、最初の定着率はすこし劣るものの使い続ければしっかり長持ち。
髪や頭皮へのダメージもほとんどなく敏感肌の方でもだいじょうぶ。
おすすめです。
臭くないサスティの白髪染めをおすすめします。


サスティのRKトリートメントの注文はこちらから♪

5~10分で早染め!

白髪染め関連記事

  1. 白髪染めの臭さの原因
  2. 白髪染めにパッチテスト
  3. ルプルプのヘアカラートリートメント
  4. 白髪は抜いたら増える・・・?
  5. サスティは福岡県にあります。
  6. 利尻昆布ヘアカラートリートメントのニオイ
  7. サスティはどんな会社?