ヘナ・ケミカルヘナよりいい白髪染めをお探しなら

いまあなたは、ヘナの白髪染めをお使いですか。
髪質にもよりますが、ヘナってちゃんと染まらない割には、髪がパサパサになりますよね。

そして牧草っぽいような日なたっぽいようなあのニオイがちょっと気になります。
色もちょっと赤っぽいです。

昔は白髪染めにはあまり選択肢もなかったし、長い待ち時間もしょうがないなあという感じでしたが、いまはどんどんいい白髪染めが出ていますから、ヘナの良さも以前ほど大きな魅力ではなくなりました。
いまどき2段階染めなんてしませんし。

やっぱりおすすめは利尻昆布のヘアカラートリートメント。

入っているのは天然利尻昆布を始めとして植物成分ばかり。
色素も天然植物由来のものだけ。
利尻昆布ヘアカラートリートメントの色素 利尻昆布
なのにしっかりと自然な色合いに!
昆布のヌルヌル成分フコイダンがしっかり保水してくれるのでパサパサになりません。

パラベンや硝酸銀など心配な化学物質も入っていません。

ヘナのようにニオイも臭くないし、10分待つだけでしっかり染まります。

使ってみればわかりますが、いままでの白髪染めってなんだったんだろう?って感じです。
だいたいあの長い待ち時間はもったいない・・・。


ケミカルヘナに注意

ヘナは植物性なので髪にひどいダメージを与えるものではないのですが、染まりをよくするためにジアミン系の薬品を混ぜたケミカルヘナというものもあります。

ケミカルヘナは、普通の白髪染めでかぶれたことのある方は注意しましょう。

成分表に「ジアミン」の表示がないか、医薬部外品の表示がないか、チェックしてください。

ヘナは臭いよどこまでも

ヘナの臭いってなんて表現したらよいでしょう?

草臭い?
田舎のにおい?
新品の畳のにおい?
薬草っぽいにおい?
気分が悪くなる。ストレスのかかる臭い。
古いヘナはさらに強烈に臭い。

エッセンシャルオイルなどでヘナの臭いをごまかす必要も出てきます。
ココナツやシナモンを入れる方もいます。

ヘナのにおいは臭いけど、ヘナ後のにおいは臭くないという人もいて、
ヘナも慣れてしまえば本人にとってはそれほど臭くなくなってきます。
(というか麻痺してくる)

でも、結局通りすがりの人や友人はヘナの臭いに慣れていませんから、口には出さないまでも、
「なんだろう、このひと・・・臭い。へんなニオイ・・・」
と心の中でつぶやくわけです。

その人がヘナのことを知らなければあなたは「臭いひと」というレッテルを貼られるわけです・・・。

利尻ヘアカラートリートメントなら夏も楽々

暑い夏には湯船に浸からずシャワーだけで済ますことも多くなるはず。

お風呂で利尻ヘアカラートリートメントをつけてから、10分時間を置くのが手持ち無沙汰・・・。


シャワーだけのときはこうしましょう。
お風呂に入る前に利尻ヘアカラートリートメントを普通の白髪染め剤のように乾いた髪につけます。

そうして他の用事をするなどして30分くらい置いてからお風呂へ。


シャワーで利尻ヘアカラートリートメントをよく洗い流したあと、普通にシャンプーをします。

こうすれば置く時間も長くなるし、お風呂で待ち時間もないから夏には最適ですね。


サスティのRKトリートメントの注文はこちらから♪

5~10分で早染め!

白髪染め関連記事

  1. 白髪染めの臭さの原因
  2. 白髪染めにパッチテスト
  3. ルプルプのヘアカラートリートメント
  4. 白髪は抜いたら増える・・・?
  5. サスティは福岡県にあります。
  6. 白髪染めの種類
  7. 利尻昆布ヘアカラートリートメントのニオイ
  8. サスティはどんな会社?